学会について

ご挨拶

日本医療バランスト・スコアカード研究学会
会長 髙橋淑郎

 平成15年11月22日に開催されました、「日本医療バランスト・スコアカード研究学会」発起人会において 、初代学会長および第1回学術総会長に選出されました。微力ながら本学会の発展のために、全力を尽くす所存です。特に、本学会のスタートでもありますので、その基礎づくりを充分に行いたいと考えております。それには会員の皆様のお力添えをいただきながら、着実に一歩一歩ですが、バランスト・スコアカードの医療への応用とその成果を共有するための議論の場、発表の場、相互啓発の場を造ってまいりたいと思います。

 バランスト・スコアカードは、汎用性が広く、様々なバックボーンの人々がそれぞれの領域で研究・応用しようとしています。本学会では、ノートンとキャプランが示した本質を踏まえ、病院の戦略的経営、包括的業績評価という基礎を固めた上で、専門学術団体として、関連学会や医療関係団体あるいは産業界と連携をしながら、様々な応用にまで真摯に、謙虚な姿勢で果敢に挑戦していきたいと考えています。それが、最終的に患者や地域社会への学会の還元と考えます。

 これらの目標を達成すべく、理事の方々、評議員の方々には、実際の具体的業務を様々分担していただいております。これらの人々を核としながら、多くの会員の方々と本学会の趣旨を達成するように協働 していきたいと考えます。是非とも、本学会にご参加頂いて、会員としてご協力いただけますよう重ねてお願い申し上げます。